日記を書くことで目標達成できる理由【3つの効果あり】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

趣味

こんにちは、公務員ブロガーのりょうすけです。私は毎年、年末になるたびに新しい年の目標を設定するのですが、いつも目標を達成するどころか目標を設定したことすら忘れてしまいます。そして、年末になるとまた、何の学習もすることなく盲目的に新しい目標を設定する。ということを繰り返してきました。

 

今回は、そんな人生と決別したいと思い、日記を書き始めた結果、思いのほか効果があった。という話です。

なぜ年末年始に掲げた目標を達成出来ないのか

日記を書き始めたキッカケは、Voicyパーソナリティーであり、恋愛工学の雄である、サウザー氏(@Fist_of_Phoenixの影響でした。

 

サウザー氏は、日記を書くことの重要性をブログで説いていました。今はサーバーの影響でブログが見られない状態なので私の方で少し解説させてもらいます。(記憶を辿って書いているので、私の解釈も入っています。)

 

「多くの人達が、年末に新しい年の目標を掲げる。が、その目標を実際に達成出来る人はほとんどいない。3日もすれば、目標を掲げたことなんて忘れてしまうからだ。稀にモチベーションが高まったとしても、家で酒を飲んで、オナニーをして、寝て起きたら綺麗さっぱりそんなことを忘れる。ではどうすれば、目標を達成することができるのか。それは日記を書くことである。日記に自分のありのままの欲望を毎日吐き出すのである。それだけで、目標を達成できる可能性が格段上がる。」

日記の効果1:毎日目標を思い出せる

先ほどのサウザー氏の話が、まさに今までの私でした。毎年色紙に目標を書いて、壁に貼ってはいるものの、いつの間にか壁の模様の1つと化し、私の視界から見えなくなっているのです。

 

その点、毎日自分の野望を日記に書けば、目標を忘れることはありません。さらに、毎日自分の野望を書き続けることで、自分のなりたい姿がどんどん鮮明に、解像度を増していくのでモチベーションも高まります。

 

情けのない話ですが、人は不快を避け、快楽に吸い寄せられる怠惰な生き物です。人が不快に取り組むことができるのは、不快の先に、さらなる大きな快楽があるとわかっている時だけです。その大きな快楽こそが目標を達成出来た時の自分であり、日記を書くことで色褪せることなくそれを、思い出すことができるのです。

日記の効果2:俯瞰して自分を見ることができる

目標を達成するには、「努力量」というものが必須の条件ですが、それだけでは足りません。自分を俯瞰し、今の自分の立ち位置を常に把握している必要があります。どれだけ足の早いマラソン選手でも、ゴールがわかっていないと辿り着けないのと同じです。

 

どれだけ努力をしていても、努力の方向が間違っていれば決して目標を達成することが出来ません。しかし、毎日日記を書けば、自分が今、ゴールからどの辺の位置にいて、これからどの方向に向かって行けば良いか、を俯瞰して考えることが出来ます。つまり、日記を書くことで小まめに軌道修正ができるのです。

日記の効果3:思考が整理できる

仕事でトラブルが発生した時、一見難しいと思っても、紙に書くことで問題が割と簡単に解決したという経験はないでしょうか。単純な足し算でも桁数が多くなれば、暗算では解けません。そんな時は紙に書いて筆算をすれば良いのです。

 

人間の脳内メモリは思ったよりも容量が小さいようです。頭の中で考えるだけでは、それほど複雑な問題は解くことが出来ません。逆に、紙に書くだけで思考が整理でき、より多くの課題を解決することができます。

 

日記を書くという行為は、思考を整理する行為でもあります。思考が整理できれば、より多くの課題を解決することができます。さらにいうと、ストレスも一緒に解消されるので、頭のデトックスにもなりますよ。

私が実際に経験した日記の効果

去年の夏ぐらいから新しいアフィリエイトサイトを作ろうと思っていたのですが、やろうやろうと思ったまま、結局年を越してしまいました。しかし、今年から日記を書き始めたところ、2ヶ月弱で作成することが出来ました。

 

アフィリエイトサイトを新しく立ち上げるのは、少し時間がかかるのですが、毎日進捗を日記に書き、目標を思い出すことで、途中で挫折することなく達成することができました。

手書きの日記の代わりに、ブログではダメな理由

ブログを書いている人であれば、「ブログを書けばそれでいいのでは?」と思われる方がいるかもしれません。でもブログではダメなのです。

 

サウザー氏曰く、このように解説しています。

「人に見られることを考えた時点で、自分の本当の野望を書くことなんてできない。人には決して見せることができないような、剥き出しの欲望、野望こそが本当の目標なのである。なので、絶対に誰にも見せない秘密の日記帳が必要なのである。」と

最後に:私が愛用している日記帳とペン【サウザー氏推奨品】

最後に、私が使っている日記帳とペンをご紹介します。2品ともサウザー氏が、ブログで「至高」と絶賛していたアイテムです。

 

日記帳はニトムズ、ペンはゼブラのサラサクリップ0.4mmです。実際に私も今使っていますが、最高に気持ちよく書くことができます。

 

このノートは、365ページ(1年分)あるのですが、めちゃくちゃ薄いんですよね。1枚が非常に薄いのですが、だからと言って後ろのページにインクが滲んだりしません。この辺はメイド・イン・ジャパンクオリティを感じます。紙が上質で触り心地が良いのも加点評価です。

 

最近はフリクションペンを使うことが多いので、ボールペンに対し特段の思い入れがなかったのですが、このペンを使うようになってからというもの虜になりました。100円のボールペンでこれほどクオリティの高いものがあるなんて‥ってレベルです。

 

ネットで買うと少し高いので、近くに文房具店があるなら、そちらで買ったほうが良いと思います。日記を毎日書いていると、2ヶ月ぐらいでインクがなくなりそうだったので、私は後から使いで10本セットを買いました。

 

日記は、2週間毎日書き続ければ習慣化しますよ。慣れれば1日30分もかからないので、達成したい目標があるって方は、日記を買いてみてはいかがでしょうか。