読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE 公僕

幸せになりたいなら公務員でしょ

男にモテる女性って、結局「何もない子」なんだよね

スポンサーリンク

f:id:y13:20170130225157j:plain

こんにちは、りょうすけです。

今月はずっとTOEICの勉強していて、ほとんど記事を更新できていませんでした。

 

昨日で無事?試験も終わったので、またブログを書いていこうと思います。

よければまた読んでいってくださいね。

 

男は、「何もない女」が好きなんです

最近アマゾンプライムで「東京女子図鑑」ってドラマを見ています。

これが男の私から見ても結構面白いんです。

女性の心理がわかるんで勉強になります。

 

このドラマの中で、あるシーンがすごく私の心に刺さりました。

 

主人公の「綾」が、男性に

「女がお金を持ってる人を選ぶんだったら、男は何持っている人を選ぶの?」

と質問しました。

この質問に対し男性は、

「何もない子」

「自分の夢とかビジョンとかいっさいなく男のそれを無邪気に応援してくれる子」

と答えたのです。

 

実際そうなんです。

男って、女から「すごいっ」て言われたい生き物なんですよね。

それをとても端的に表している表現だと思いました。

 

女が男より学歴や収入があると男は萎縮してしまう

私は、結婚相手の女性は働いていても全然構わないです。

キャリアウーマンでも構わないです。

 

ただ、私より稼ぎのある女性はきっと避けてしまうでしょう。

それは、私だけではないはずです。

男には大なり小なりプライドがあります。

なので、男より学歴や収入のある女性は避けてしまいます。

 

つまり、男の場合は、キャリアや学歴が高くなればなるほど、選べる女性の数が増えてきます。

対して女性の場合は、キャリアや学歴が高くなればなるほど、選択できる男性の数が減っていくのです。

 

あるテレビ番組で、東大の女性が言っていました。

「東大の女性は、合コンでは全くモテない。結婚するなら学生時代(東大にいる間)に相手を探さなければならないんです。」と。

 

結局はそういうことなんです。

なので逆に「何も持っていない女性」は、結婚相手として、めちゃくちゃニーズがあるのです。

 

じゃあ結婚願望もあり、キャリアも築きたい女性はどうすればいいのか

まず、キャリアを目指す時点で、選べる男性は限定されてしまうということを認識しましょう。

その上で考えてみると

・学生時代に付き合った男性と結婚する

・主夫になってくれそうな男性を探す

 

この2点に絞るのが現実的かなぁと思います。

 

1、学生時代に付き合った男性と結婚する

当然ですが、年収の高い女性が、自分よりさらに上キャリアを持った男性を狙ってもそんな男性はめちゃくちゃモテます。

なので、将来そうなりそうな男性を、学生時代の間に見つけるのが良いでしょう。

学歴のある女性は、学生時代であれば普通の女性より周りに将来有望な男性が多いでしょう。

なので、学生時代に頑張って婚活しましょう。

 

2、主夫を探す

もうすでに社会人となってしまったあなたはこの方法が現実的でしょう。

ヒモのような男ではなく、ちゃんと主夫業をこなしてくれる男性を探しましょうね。

そういう意味では、専業主夫ではないですが、会社に属さないフリーランスな男性が意外に相性が良いのかもしれません。

サラリーマンと比べて相対的に、競争意識やプライドが低いような気がします。(私の個人的感想ですが‥)

 

まとめ

改めて考えてみると女性って大変ですよね。

 

男はがむしゃらに仕事をして結果を出せば、結婚(モテ)もキャリアも両立できるのに対し、

女性は片方を頑張りすぎると、もう片方は少なからず妥協しなければならないということなんですね。

そういう意味では、女性はバランス感覚が何より大切なのかもしれません。

 

うーん、男に生まれてよかった。(笑)