読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE 公僕

幸せになりたいなら公務員でしょ

FXとは?今さら聞けない初心者のための基礎講座

スポンサーリンク

f:id:y13:20170107222438j:plain

こんにちは、公務員投資家のりょうすけです。

今年は、改めて投資を1から見直そうと思い、自分の理解度を向上させるという意味としてもこの記事を書きました。

突然ですが、あなたはFXについてどこまで知っていますか。

名前ぐらいは聞いたことがあるでしょうか?

今回の記事を読んでもらえれば、FXとはどんなもので、どうやって利益を得るのかがわかります。

 

FXとは

FXとはForeign eXchangeといい、外国為替証拠金取引のことです。

FXの最大の特徴は、FXを取り扱う取引業者に預け入れた資金(証拠金)を担保することで元手の何倍もの金額の取引ができることです。

 

レバレッジとは

直訳すれば、「てこの原理」ということなのですが、FXでは、元手の何倍もの金額取引ができることをレバレッジと言います。

日本ではレバレッジ規制により、25倍までとなっております。

 

仮に、1ドルが100円だとします。

普通は、1万ドルの取引をしようとすると、100万円の元手が必要になります。

しかしFXでは、レバレッジを25倍かけることで、4万円(100万円/25)の元手で1万ドルの取引ができるようになるのです。

 

このレバレッジ、日本では25倍までに規制されていますが、海外ではそのような規制がなく、数100倍までかけれるような業者がざらにあります。

現在私も海外に1つ口座を持っており、その口座は500倍までレバレッジをかけることができます。

つまり2000円で1万ドル分の取引ができるということです。

 

外国為替とは、異なる2つの通貨を交換(両替)すること

f:id:y13:20170107111846p:plain

 

例えばニュースで「為替相場が1ドル100円前後で推移しています。」と言われれば、それは「今現在100円で1ドルと交換できます。」ということになります。

 

FXで利益を得る仕組み

上の図を見ながら読んで下さい。

例えば、1ドル100円の時に1ドル購入したとします。

(100円と1ドルを交換したということです。)

その後、為替相場が動き1ドル110円になったとしましょう。

(円の価値が下がったのでこれを円安と言います。)

この時に、先ほど購入した1ドルを円と交換すると110円になります。

(1ドルと110円を交換したということです。)

 

この例でいうと、2回お金を交換した(円からドル、ドルから円)ことにより10円の利益が出たことになります。

もし1万ドルで取引していれば、10万円の利益が出たことになります。

さらにこの時にレバレッジを25倍かけていれば4万円の元手で10万円の利益が出たということになります。

利益率としては250%です。

株や投資信託などと違い、桁違いの利益を生み出すことができます。

これが、個人投資家達を引きつける1番の理由です。

 

FXの魅力とは

ここで改めてFXの魅力について書いていきます。

 

少ない資金で高額の取引ができる

先ほどお話した通りです。

FXでは大きなレバレッジをかけることができます。

これは他の投資商品にない大きな魅力です。

 

手数料が格安

株や投資信託などは維持費や売買手数料がかかります。

メガバンクなどであれば年に数%の手数料などざらにあります。

対してFXは手数料が格安です。

一回の取引で多くても10銭程度です。

他の投資商品と比べて破格の安さです。

(厳密にはスプレッドと言い、手数料とは違うのですがここでは割愛します。)

 

24時間取引可能

サラリーマンの副業としてFXが人気がある理由です。

日本の株の取引は、9時〜15時です。

つまり普通のサラリーマンが仕事をしている間にしか取引ができません。

対してFXは24時間取引が可能です。

さらにいうと、FXで1番値動きが激しくなるのが19時〜24時です。

これは、ロンドン市場とニューヨーク市場の取引時間帯がちょうどこのあたりだからです。

この時間であれば、サラリーマンでもゆっくりとトレードができます。

 

スワップポイント

2国間通貨の金利差のことです。

日本の定期預金の魅力がほぼなくなった今、金利が高い外貨預金をやっている方もいるのではないでしょうか。

詳しくは後述しますが、外貨預金をするならFXをやったほうが断然良いです。

 

市場の流動性が高い

「流動性が高い」は「取引量が多い」と解釈して下さい。

例えば、持っている株を売ろうとした時に、買ってくれる人がいないと取引が成立しないですよね。

その点FXは、そのようなリスクはほぼありません。

米ドル/日本円の通貨ペアであれば、1日の取引金額は数100兆円と言われています。

(東京市場の株の取引量はせいぜい数兆円です。)

この金額から見ても、FXがいかに流動性が高い投資商品なのかわかっていただけると思います。

あまりにマイナーな通貨であれば話は別ですが、先進国通貨であれば売れない買えないというようなことはほぼないです。

 

売り買いどちらからでも入れる

株の場合、株を最初に買って、後にその株を売ることで利益が出ますよね。

つまり「もの」を買ってから売るわけです。

しかしFXの場合は、売りから入って買うことができます。

つまり、先にドルを売ってから後にドルを買うという行為ができるのです。

「持ってないドルをいきなり売るってどういうこと?」

と思う方もいるかもしれませんが、FXを始めればすぐに違和感もなくなります。

あえて例えるなら、株の空売りをイメージしてもらえれば良いでしょうか。

株の空売りの場合であれば色々な制限がありますが、FXの場合そんなことは全くありません。

 

世界情勢や経済に詳しくなる

意外に軽視されがちですが、このメリットは結構大きいです。

この前のアメリカ大統領選挙でいうと、普通の人は自分とは直接関係のない出来事なので、特別な思い入れでもない限りあまり興味はないです。

少なくともアメリカ人ほど興味はないでしょう。

しかし、FXをやっている人は全く違います。

自分のお金がかかっているので、必死に未来を予測しようと勉強します。

(アメリカ経済は、どの通貨にも大きな影響を与えます。)

FXをやっていない人に比べ相対的に、大統領選挙の仕組みや、各経済指標の理解度も高いです。

人ってどんなつまらないゲームでも、お金がかかると脳が活性化します。

宝くじだって、お金がかかってなければめちゃつまらないですよね。(笑)

 

スワップポイントの魅力

f:id:y13:20170107115707p:plain

FXのもう1つの大きな魅力はスワップポイントです。

スワップポイントとは、取引を行った際の2つの通貨間の金利差のことです。

 

上にFXで比較的人気のある通貨の政策金利を表にしました。

基本的に、金利はリスクのある通貨ほど高いです。

例えば、ブラジルの通貨であるレアルは金利が非常に高いですが、通貨そのものがとても不安定です。

過去に何度もハイパーインフレ(ザックリ説明するとお札が紙くずになること)を起こしているため、金利は高いのですがこの通貨に手を出す人は少ないです。

(ブラジルの通貨ってレアルになる前に過去に何度も名称を変えているんですよ。(笑))

 

今はそれほどでもないですが、ひと昔前はオーストラリアドル(豪ドル)が大変人気でした。

理由は、通貨の安定度と金利のバランスが非常に良かったからです。(先進国なのに金利が良かったってことです。)

数年前までは5〜7%ぐらいの金利がありました。

 

上の表でもわかるように、日本は非常に政策金利が低いです。

なので、日本円はスワップポイントを利用するのに非常に適した通貨です。

(先ほども言いましたが、スワップポイントは2国間通貨の金利差なので)

今の政策金利でも、1万豪ドルを持っていれば1日に44円のスワップポイント(1年で16000円の利益)がもらえます。

 

金利での利益を目的としてFXを始めるというやり方も、日本人(円)であれば十分に魅力のある投資商品です。

 

FXと外貨預金の比較

f:id:y13:20170107204240p:plain

 

 FXと外貨預金の比較をしました。

一目でわかると思いますが、もはや外貨預金をするメリットは皆無です。

もし今、金利での利益を目的として外貨預金でお金を預けている人がいたら絶対にFXに移した方が良いです。

銀行に利益を余計な利益を搾取されているだけですからね。

 

FXの3つのリスクとは

もちろんFXにはリスクもあります。

ここでは3つのリスクについて紹介します。

 

値動きのリスク

例えば金利を目的とし、外貨預金やFXをしても必ず利益が出るとは限りません。

FXでお金を稼げる理屈と同じ理由で、持っているお金の価値が下がる可能性があるからです。

FXを始める際は、稼げる人間がいる分、損をする人間がいることを肝に命じておきましょう。

FXはサムゼロゲームです。

 

流動性のリスク

先ほども少しお話しましたが、FXは大変流動性高い投資商品です。

とはいえ、ギリシャショックやリーマンショックなど数年から数十年に1度、為替が大暴落することがあります。

その時は、一時的に流動性が低くなります。

 

システムのリスク

意外に見落とされがちですが、インターネット回線が繋がらなくなったり、FX業社のサーバーが一時的にダウンして、取引できなくなる可能性があります。

デイトレードのような、1秒を争うような取引をする場合には、強固なネット環境と信用の高いFX業社の選定を行いましょう。

 

最後に

投資をしない人は、「お金が減る可能性があるから」「ギャンブルと変わらないから」という人が多いのではないでしょうか。

そういう人は皆、タンス預金(銀行預金)が一番安全なのだと言います。

 

しかし、投資をする人から見れば、タンス預金をするという行為は、日本円に投資しているという行為に他なりません。

私からすれば、こんな経済成長率も金利も低い円を持っていることの方がよっぽどリスクがあるような気がしています。

 

一番危険なのは、「タンス預金は一番安全だ」と思って自分も知らない間に投資をいう行為を行っているということです。

絶対に投資をしようというつもりはありませんが、同じタンス預金をするにしても、少なくともタンス預金は投資であるという認識ができる程度の勉強はした方が良いと思いますよ。

 

こんな記事もあります