LOVE 公僕

幸せになりたいなら公務員でしょ

半年以上休職した私でも、大手企業に転職した方法

スポンサーリンク

f:id:y13:20170918161102p:plain

こんにちは、転職経験者のりょうすけです。

 

私が初めて転職したのは25歳の時でした。

結局その後も2度転職し、合計3回転職しています。

 

今では、転職という行為にそれほど大きなインパクトを持ってはいないのですが、25歳で初めて転職するときは本当に悩みました。

 

「本当に今転職するべきなのだろうか‥」

「もう少し待ったほうがいいんじゃないだろうか‥」

「転職して今より状況が悪化したらどうしよう‥」

「転職以外本当に道はないのだろうか‥」

 

私の主観なんですけど、ポジティブな理由で転職しようって方は少ないんじゃないでしょうか。

私の周りもそうなんですけど、現状になんらかの不満を持っていて、今の状況をなんとか脱したいって思いで転職する人が多いと思ってます。

それは日本では、まだまだ転職のイメージが悪く、「転職=キャリアダウン」と捉える方が多いからなのでしょうね。

実際、私が転職をする時は、家族や知り合いに散々言われましたし‥

 

でも結果的には転職をしてよかったと思っています。

実際に転職をやって見てわかったんですけど、転職ってやり方によっては現状よりも高待遇になることが結構多いんですよね。

 

特に、私のように2、3流の大学を出て、学歴フィルターにかかって新卒で希望の会社に入れなかった人ほどその可能性は高いと思いますよ。

 

今回は私が初めて転職した時の話を書いてみたいと思います。

 

 

私が転職した理由

3回も転職しておいて言うのもなんなのですが、私って我慢強い方なんですよね。

それでも、いやだからこそ私が3度も転職した理由は1つなんです。

 

それは、「うつ病になりたくなかったから」です。

これって、我慢強くて責任感の強い人ほどなり易いんだと思っています。

 

私、実は今までに2度ほど会社を休職したことがあるんですよね。

長い時は半年以上休んでいました。

私の場合は、運が良くて2度とも「適応障害」で済んだんですけど、それでも当時はかなり苦しくて、辛かったです。

 

私も、「うつ病」や「適応障害」についてめちゃ詳しい訳ではないんですけど、「適応障害」って「条件付きのうつ病」だと思っているんです。

私の場合は、ある特定の条件下の時にうつ病のような症状を発症しました。

それは「職場で働いている時」と「仕事のことを考えた時」でした。

 

それ以外はなんともなかったので、自宅で療養しているときは、比較的気持ちは穏やかでした。

でも、うつ病の人は、寝ているとき以外はずっとその状態が続くんです。

なので、そうはなりたくないと思ったのが転職の1番大きな理由でした。

 

新卒で入った会社を3年で辞める

私はいわゆる新卒で派遣会社に入社しました。

就活時に学歴フィルターの現実を知った私は、大企業は諦め、派遣社員でいろんな会社でスキルを学んでヘッドハンティングされるような人間になろうと考えました。

めちゃくちゃ考えが甘いですよね。(笑)

 

入社してからは、自動車業界で車の開発を行っていたのですが、大量の作業を短時間で効率よく、ミスなく業務をこなさなければならず毎日大変な日々を送っていました。

さらに、正規社員と違い、派遣社員はなぜか残業管理のシステムが荒く、私は残業規制もかからないまま、毎日日付が変わるまでサービス残業をしていました。

当時は車で通勤していたのですが、「このままビルに突っ込んだら楽になれるのになぁ」と毎日思うぐらいだったので当時は相当精神が病んでいたのだと思います。

 

入社数ヶ月ですでにそんな状態だったのですが、当時の私は、「新卒は3年は働いた方が良い」というルールを盲信していて死に物狂いで毎日をしのいでいました。

 

入社3年目、転職活動開始

毎日の激務を耐え、なんとか2年が過ぎて3年目の夏、ようやく転職活動を開始しました。

しかし、当時の私は、毎日日付が変わるまで働いている状態、時間的にも精神的にも転職活動をする余裕はありませんでした。

 

それでも、どうしても転職をしたかった私は、最後の力を振り絞って転職活動を開始しました。

 

3ヶ月後、大手から内定をもらう

エントリーした会社は3社でした。

そのうち実際に面接に進めたのは2社で、最終的には誰もが知っているような大手企業の内定をもらうことができました。

 

新卒時の就活では30社以上落ちた私が、まさかこれほど大きな企業から内定をもらえるなんて思っていなかったので、予想以上の結果に驚きました。

 

最終面接を終え、内定通知をもらい、提示された年収‥

 

その額はなんと、新卒で働いていた会社の2倍でした。

さらに待遇も、新卒入社の社員と同じ4年目扱いで入社することができました。

 

「人生こんなにうまいこといっていいのか‥」

と正直思いました。

 

最初の転職活動で大手から内定をもらうまでのステップ

転職エージェントに片っ端から登録

当時、なんとか土日の休みはだけは死守していた私が眠い体に鞭打って調べた結果、転職活動は新卒の就活の時とは違い、「転職エージェント」なるものがあるということを知りました。

 

この転職エージェントは、どうやら個人のキャリアプランを一緒に考えてくれ、履歴書、職務経歴書の添削、さらには面接の練習までしてくれるとのことでした。

時間のない私にとってはもはや「これしかない」と思いました。

 

それから転職エージェントに10社近く登録したと思います。

登録しすぎたせいか、連絡がきすぎて最終的には、自分にあったエージェントを見つけて1社に絞りました。

 

最終的に、私はリクルートエージェントを選びました。

 

リクルートエージェント公式サイト

 

転職エージェントと面談

当時の私は、とりあえず派遣をやめたいということと、大企業に勤めたいという思いから、今までのキャリアを活かせる自動車業界を希望しました。

 

その後、キャリアコンサルタントが提示してくれた求人会社は40件程度でした。

その求人を見た時にとても驚いたことを今でも覚えています。

 

新卒時には絶対に手が届かないと思って、エントリーすらしなかった大企業ばかりだったからです。

私のように微妙な大学で、大企業は学歴フィルターにかかって面接に進めないって方は、新卒の就職は最初から転職前提で決めても良いのではないかと思うレベルでした。

 

そこからエントリーする企業を3社選択

そこから3社を決めました。

有給などほとんど取れない私にとって、3社までが時間的にも体力的にもギリギリの数だったからです。

恐れ多くも自動車製造メーカー2社と自動車部品最大手に部類するメーカーを選びました。

 

もし、エージェントを使わずに、転職サイトを利用していたなら、絶対にエントリーしなかったと思います。

ですが、エージェントの方の「大丈夫ですよ」という言葉にとても背中を押された記憶があります。

1人じゃないというのがこれほどまでに心強いのかと思いました。

 

履歴書と職務経歴書の添削をしてもらう 

新卒での就活の時と転職の時の最も大きな違いの1つが、職務経歴書でした。

この職務経歴書ってやつが私にとってはめちゃくちゃ厄介な存在でした。

履歴書のようなフォーマットがないので、センスがめちゃくちゃ必要なんですよね。

 

  • ワードかエクセルか、それとも手書きか
  • どのような項目を書くのか
  • 構成をどうするのか
  • どの部分を強調するのか
  • 経歴の取捨選択はどうするか

 

実際自分で書き始めようと思った時に、このような思いがぐるぐる頭の中を駆け巡り、全く手につかなかったことを今でも覚えています。

もし、転職エージェントに登録していなかったらまともな職務経歴書なんてできなかったと思います。

 

そして内定をもらう

面接を受けることができたのは、3社のうち2社でした。

結局1社の内定をもらい、残りの1社は選考途中で辞退しました。

 

控えめにいって、25歳の転職は、新卒時の就活の1/10程度の労力だったと思います。

就活を1度やっていて慣れていた、ということももちろんありますが、転職エージェントの力を得ることができたのがやっぱり1番大きかったと今でも確信しています。

 

今の会社をやめて転職をしたほうが良いのかどうかの判断基準

先ほども述べさせてもらっているんですが、不調、特に精神的な不調をきたしている場合は転職をしたほうが良いのではと思っています。

 

私は比較的激務だと言われる業界で働いていたので、会社を長期で休んでいる職員が結構いました。

私の知っている範囲では最長20年間、休んだり出勤したりの繰り返しの方がいましたが、働いている間、その方の笑顔を見たことは一度もありませんでした。

20年だと社会人人生の約半分です。

当時、うつ病というものがこれほどまでに辛く、完治が難しいものなのかと身にしみて感じました。

 

現在なんらか会社に対し不満を持っている方がいるのであれば、1度自分の周りの環境、上司の姿(未来の自分だと仮定する)を見て考えてみてください。

その時に、先が見えないと思ったのであれば転職を考えたほうが良いと思います。

 

もしかして知らない方もいるかもしれませんが、転職エージェントは無料で利用できます。何社登録しても無料ですよ。

もし、今までに1度も登録したことがなく、どれから登録したら良いのかわからないなら、まずはリクルートエージェントを選べば間違いないと思いますよ。

なんといっても業界最大手、使ってみれば選ばれる理由がちゃんとわかりますよ。

 

リクルートエージェント公式サイト