LOVE 公僕

幸せになりたいなら公務員でしょ

ほぼ毎日英会話の私が、【Mainichi Eikaiwa】無料体験レッスンを受けてみたよ(PR)

スポンサーリンク

f:id:y13:20161218083014p:plain

こんにちは、ノンネイティブスピーカーのりょうすけです。

先日、オンライン英会話「Mainichi Eikaiwa」の無料体験レッスンを受けてきました。

今回はその体験談を記したいと思います。

 

「DMM英会話」と「Mainichi Eikaiwa」を徹底的に比較する

私は約2ヶ月前からDMM英会話を受講しています。

実際にオンライン英会話を受けている人間が、他のオンライン英会話との比較レビューを書いている記事があまりないので、今回はあえて比較をメインとしたレビューとさせて頂きます。

今更、英会話教室と比較してもあまり意味がないと思いましたので(笑)。

 

ネイティブ講師はやっぱり違う

私が普段オンライン英会話を受けている講師は、主にセルビア人です。

理由は、フィリピン人より発音がキレイだからです。

どちらもノンネイティブですが、今の私でもわかるぐらいに発音が違います。

言い換えるならば、フィリピン人(アジア人)の英語は、良くも悪くも聞き取り易いです。

海外ドラマの英語は全然聞き取れないのに、アジア旅行に行った際、現地の方と英語で会話すると結構聞き取れるような感じです。

その点セルビア人は、東欧の国だからなのか発音がネイティブに近く最近積極的に受講しています。

 

しかし、先日「Mainichi Eikaiwa」の無料体験レッスンにて、アメリカ人と話させて頂いて衝撃を受けました。

「全然聞き取れない‥」

最初のハローぐらいしか聞き取れなかった‥

正直ちょっとは自信があったんですよ。

ノンネイティブ相手だとはいえ、ほぼ毎日英語で会話をしていたわけですからね。

 

でもネイティブスピーカーは全然違いました。

発音も当然そうなのですが、なんと言いますか会話流れがとてもキレイなんです。

そしてスピードが早い‥。

アマチュアが楽譜通りピアノを弾くのと、プロが感情を込めながら弾くのとの違いみたいな感じです。

海外ドラマの人と話しているような感覚でした。

(まぁアメリカ人なので当然ですけど‥)

 

そのあと数分会話をして、私の語学力を鋭く察知してくれた講師の方が、ちゃんと会話のスピードを私が聞き取れるレベルまで落としてくれました。

 

この時はっきりと感じました。

「お金に余裕のある人は、迷わずネイティブ講師を受講した方が良い」と。

当然といえば当然ですね。

ちなみに「Mainichi Eikaiwa」はネイティブ講師だけしかいません。

その点は、他のオンライン英会話にはない大きな訴求ポイントだと思います。

 

料金設定について

1番気になるポイントだと思います。

 

「Mainichi Eikaiwa」の料金設定

入会金 無料

プランA:月額12,000円(税込) 50分レッスン1回/週

プランB:月額18,080円(税込) 50分レッスン2回/週

プランC:月額24,720円(税込) 50分レッスン3回/週

プランD:月額12,000円(税込) 25分レッスン2回/週

 

「 DMM英会話 」の料金設定(プラスネイティブプラン)

入会金 無料

月額15,800円(税込) 25分レッスン 毎日1回

月額31,200円(税込) 25分レッスン 毎日2回

月額45,100円(税込) 25分レッスン 毎日3回

 

 わかりやすく、似ている料金プラン(太字の部分)で比較してみます。

「Mainichi Eikaiwa」:月額12,000円(税込) 25分レッスン2回/週

「DMM英会話」:月額15,800円(税込) 25分レッスン 毎日1回

 

1回あたりの値段を比較するとこんな感じ

「Mainichi Eikaiwa」 

1,500円/回 (12,000円/8回)

 

「DMM英会話」

週7回 527円/回 (15,800円/30回)

週5回 790円/回 (15,800円/20回)

週3回 1,215円/回 (15,800円/13回)

週2回 1,975円/回 (15,800円/8回)

 

同じ週2回レッスンを受けるのであれば、「Mainichi Eikaiwa」の方がリーズナブルであり、それ以上受けるのであれば「DMM英会話」の方が安いです。

 

ただしDMM英会話にはこんな注意書きがあります。

プラスネイティブプランは、1日に提供出来るネイティブ講師のレッスン数に限りがあり、希望する時間帯や他のお客様のご予約状況によってはネイティブ講師のご予約ができないこともございます。

(出典:http://eikaiwa.dmm.com/plan/

 

実際にDMM英会話の予約画面で、翌日のネイティブ講師の空き状況を検索してみるとこんな感じでした。

ネイティブ講師 約 20人

参考:ノンネイティブ講師 約1,050人

(検索条件は当然「20代」「女性」で検索しています。(笑))

 

比較すると一目瞭然ですが、圧倒的にネイティブ講師の人数が少ないです。

「注意書き」と「ネイティブ講師の人数」から考えて、中々予約ができないのが実情ではないのだろうかと思いました。

 

その点「Mainichi Eikaiwa」は担任制を採用しています。

つまり、自分の気に入ったネイティブ講師の授業を確実に受講できるということです。

 

さらに、「Mainichi Eikaiwa」は「マイオーンペース」というチケット制のプランもあり、最大で1回のレッスン料を880円にまで下げることができます。

コストをできるだけ下げたいって方にはオススメです。

f:id:y13:20161218123508p:plain

レッスン代について 

 

気に入った講師と毎回英会話をしたいのであれば「Mainichi Eikaiwa」

担任制という制度は大変ありがたいです。

逆に、DMM英会話で今1番不満に思っている点でもあります。

 

私はDMM英会話を始めて約2ヶ月が経ちます。

最初の1ヶ月は毎回違う講師とレッスンをしていました。

理由は「挨拶、自己紹介の練習がしたい」、「相性の良い講師を探す」の2点からでした。

そういう点では講師数の多いDMM英会話は非常に良かったです。

 

しかし2ヶ月目に入って、お気に入りの講師の予約をしようと思ったのですが、これが中々できないのです。

確実にお気に入りの講師と会話がしたい場合は、

・数日前から予約をとる(この場合、受講するまで他のレッスンは受けられない)

・予約チケットを購入する(1000円/回 ネイティブ講師の場合)

するしか方法がないです。

 

気に入った講師と毎回レッスンがしたいのであれば、

・確実に同じ講師とレッスンできる

・毎回予約する必要がない

という点において担任制を採用している「Mainichi Eikaiwa」の方が良いのかなぁというのが私の印象です。

 

実際に私はどうするのか

ある程度の英会話力がつくまではDMM英会話を続けます。

「ある程度の英会話力」とは「さっと言葉が出てくる程度の会話力」です。

フィリピン人の講師は、教え方が丁寧な方が多く、私の文法間違いを細かく指摘してくれます。

なので、指摘されない程度の文法力をつけるまではこのまま続けます。

 

そしてそれを達成した後、ネイティブスピーカーと話したいと思えば、「Mainichi Eikaiwa」を選択すると思います。

1番の理由は担任制を採用しているところです。

現在DMM英会話を受講しているからこそ、人気講師の予約の取りづらさは身をもって感じています。

だからこそ、担任制というシステムが他の人より魅力的に映るのだと思います。

 

もし、あなたが今オンライン英会話を始めようと思っているのであれば、「Mainichi Eikaiwa」も候補の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。

もちろん無料体験レッスンもできますよ。

 

ホームページはこちらです。

http://www.mainichieikaiwa.jp

ホームページは古臭いアットホームな感じなので、最初は驚くかと思いますが、講師はプロフェッショナルですよ。(笑)