LOVE 公僕

幸せになりたいなら公務員でしょ

非モテ男達よ、モテたければ女性に「パンツ見えてるよ」って言おう

スポンサーリンク

f:id:y13:20161018234027j:plain

こんにちは、元むっつりスケベ日本代表のりょうすけです。

「むっつりスケベ」このワードからして、女性は近づきたくないですよね。

しかしこの私、一流のむっつりスケベでした。(笑)

「むっつりスケベ」と「オープンスケベ」同じスケベであれば後者の方がいいですよね。

そんなことはわかっています。

しかし、むっつりスケベである男は、女性にスケベであることを知られたくないです。

自分の中では、スケベな部分を完全に隠しきれていて、ジェントルマンを演じているつもりなのです。

経験者の私が語るのだから間違いないです。(笑)

 

しかし、女性の感性は鋭いです。

そんな下手な芝居はとっくに見破られています。

そして、そんな男達をむっつりスケベだと認識し女性は敬遠するのです。

今回は、むっつり時代の私が経験した、ちょっとした哀れなエピソードに触れ、その経験からモテ男へと変身する方法を考察します。

 

むっつり男は女の下着をこっそりみてるだけ

パンツを履いている女性がいます。

その女性がしゃがんだ時に、パンツが下がり下着が見えたとします。

むっつり男は女性と話すのが苦手です。

普通に話すことすら苦手なのに、「パンツ(下着)が見えてるよ」なんて言えません。

結果、注意ができない上に、目線だけはお尻に注目しています。

はい、典型的なむっつりスケベ姿の完成です。(笑)

悪寒が走り振り返ったその女性は、ありったけの嫌悪感をこちらに向け去っていきます。

こんな経験をすると、さらに女性と話せなくなり、どんどん深みにはまっていきます。

 

ジェントルマンを演じようとしても、ついつい下着に目がいってしまう。

男の下心は、自分が思っているよりも強いのです。

 

「むっつり男」が「勘違い女」と出会った悲劇

むっつり男は、女性慣れしていないので、女の気持ちがうまく読めません。

なので、そんな男に限って出会ってしまうのです、その気もないのに男をその気にさせる勘違い女に

むっつり男は、そんなことに気づかず女性に何度もご馳走します。

ドライブデートをして、ちょっと高価な夕食もご馳走します。

そして、満を持して女性をホテルに誘います。

天然の勘違い女性は当然「私、そんなつもりありません。」と拒絶します。

「ただの友達だと思ってたのに、いきなりホテルに誘ってくるなんて」

いやいやいや、散々ご馳走してそれはないでしょうと。

子供じゃないんだから、それぐらいわかるでしょうと。

 

仕方なく、むっつり男は寂しく帰ります。

そして、「はー、あの子に5万円は使ったなぁ、コスパ悪すぎ。こんなことなら、風俗に行った方が良かったなぁと」と考えるのです。

はいそうです。遠い遠い昔の私の話です‥。(笑)

 

むっつり男は自分がスケベであることを認め、それをはっきり表に出そう

悲劇の始まりは、むっつり男が「自分はエロい」と認めないことです。

もし今「女性は好きだが俺はエロくない。」って思ってるあなた、あなたはれっきとしたむっつりスケベです。

すぐに以下のステップを実行し、モテ男になりましょう。

 

  1. 男はエロい。エロいのが普通であると認める
  2. エロいのことは普通なので、オープンスケベになる
  3. 女性のパンツが見えていたら「パンツ見えてるよー、ありがとう^^」と言う
  4. はっきり言えば、女性はむしろ好感すら持ってくれる
  5. その女性と友達になる
  6. その調子で、どんどん女友達を増やす
  7. 女性の気持ちがわかるようになる
  8. 勘違い女に引っかからなくなる
  9. 男の下心を理解している女性にご馳走する
  10. 彼女ができる
  11. どんどん彼女が増える
  12. モテ男になる

 

はい、これであなたもモテ男の仲間入りです。(笑)

女性のパンツが見えてたら「パンツ見えてるよー」と、どんどん伝えて一緒にモテ男になりましょう。