読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE 公僕

幸せになりたいなら公務員でしょ

簿記2級はTACのテキスト5冊読めば2ヶ月で合格できる。もちろん独学で。

スポンサーリンク

f:id:y13:20160930221144j:plain

(2016年12月30日 更新)

 

こんにちは、資格マニアのりょうすけです。

私は、資格の勉強をするのが好きです。

理由は2つあります。

  • 明確な目標(合格)があること
  • 比較的短期間(数ヶ月〜半年)で自分の成長が実感できること

なので自分の興味のある分野や、仕事の関係で新しい分野を学ぶ時に、手っ取り早く学習するために、関連ある資格をまず探し、その資格の勉強をする過程で自分の知見を広げています。

 

今回は、今年異動し簿記の勉強が必要になったので、6月に簿記2級を受験し、無事合格することができたので、その方法をここでご紹介したいと思います。

簿記2級を独学で合格する方法について

簿記2級を独学で合格するためには、勉強計画をしっかり立てることが大切です。

まずは合格率を見て、難易度を把握してみましょう。

簿記2級の過去の合格率を見ると平均は25%程度です。

他の資格試験に比べそれほど低くはない数字です。

ただし、簿記2級は記述式の試験なので、しっかりとした理解がないと、運良く合格するということはないでしょう。

合格ラインは70点(100点満点)以上得点することです。

宅建のように受験者の得点比率によって合格点が変動しないので、周りの受験者は関係ありません。

簿記試験はまさしく自分との戦いです。

 

私の話をさせていただくと、タイトルにも書いている通り、勉強期間2ヶ月で1発合格(80点)しました。

これから私が2ヶ月間で行った具体的な勉強方法を書いていきます。

この方法を実践すれば次回の試験は必ず合格できます。

 

簿記2級試験の概要について

受験資格:特になし

試験日:年3回(6月第2日曜日、11月第3日曜日、2月第4日曜日)

 

他の資格と比較しても試験回数が年に3回と多めです。

一般的には、受験者にとってこれは朗報でしょう。

しかし逆に、受験回数が多いことが、勉強量や集中力に弊害が出てしまうような気もしています。

(落ちても、またすぐに試験があると思ってしまう。)

 

如何にして自分を戒めるかが鍵です。

何度も受験しようなどとは思わずに、「絶対に1回で合格する」と言う強い意志で勉強しましょう。

 

簿記2級試験の出題内容について

簿記2級試験は、全部で5題の問題が出題されます。

全5題のうち、3題が商業簿記、2題が工業簿記となっています。

1題20点です。

つまり、商業簿記が60点、工業簿記が40点出題されます。

出題内容を下記します。 

 

第1問:商業簿記

目標得点:16点

目標時間:15分

 

仕訳形式の問題が5つ出題されます。

この問題は勘定科目を間違えやすいので、まずは勘定科目をしっかりと覚えましょう。

 

第2問:商業簿記

目標得点:12点

目標時間:20分

 

個別論点を前提に簿記一巡の手続き、理論問題、伝票式会計(3伝票制)が出題されます。

伝票問題が出題されればラッキーです。

満点を狙いましょう。

 

第3問:商業簿記

目標得点:12〜16点

目標時間:30分

 

精算表の作成、決算三勘定の作成、財務諸表の作成などが出題されます。

ここの問題で満点を取ろうとすると時間が膨大にかかります。

部分点狙いでいきましょう。

 

第4問:工業簿記

目標得点:16点

目標時間:20分

 

費目別計算、個別原価計算、総合原価計算、本社工業会計などから、帳簿記入や財務諸表の作成問題が出題されます。

 

第5問:工業簿記

目標得点:16点

目標時間:20分

 

個別原価計算、総合原価計算、標準原価計算、直接原価計算などから、原価計算の計算の側面を問う問題が出題されます。

 

私の感覚から言うと、商業簿記は点数が安定しやすいです

1度理解し、点数を取れるようになると、得点ばらつきが小さくなります。

対して、工業簿記は基本的には商業簿記に比べ簡単なのですが、時々めちゃくちゃ難しい問題が出ます。

工業簿記が2題とも普通の問題が出れば満点近く取れるのですが、1題でも変な問題が出ると、20点まるまる失ってしまう可能性があります。

簿記2級試験の合格率が開催回によってばらつきが大きいのはここに理由があると思っています。

 

簿記2級試験を決意した時点の私のスペック

受験動機:人事異動により簿記の知識が必要だと思ったため

勉強前の知識:「日本一やさしくて使える会計の本」を一読した

勉強開始日:2016年4月15日 (試験日 2016年6月12日)

 

 

今考えてみると、最初にこの本を読んでいたのは幸運でした。

簿記についてまったく知識のない状態でテキストを読むのと、 概要を知って読むのとでは頭に入っていくスピードが全く違うからです。

この本は必須ではないです。

が、効率的に勉強したいのであれば読んでおいた方が良いと思います。

要するに、約1000円のコスト(この本の値段)と数10時間分の勉強時間の効率化、どちらを選ぶかです。

 

簿記2級に必要な勉強時間は約200時間

簿記2級に必要な勉強時間は、何も知らない状態から始めて200時間程度と言われています。

つまり3時間×約2ヶ月勉強すれば到達できる勉強量です。

 

私は約190時間勉強しました。

 

簿記2級の独学に必要なテキストはTAC一択

独学で最も大切なことが良いテキストを選ぶことです。

無駄なテキストを選ぶと時間の浪費になります。

私が考える、必要なテキストは5冊です。

私が紹介するテキストの金額は合計で6800円(税抜き)です。

予備校に行くことを考えると破格の安さではないでしょうか。

 

私が実際に使ったテキストは以下です。

 

 

 

 

 

 

勉強する前にインターネットで色々と調べ、本屋で立ち読みし、実際に自分で勉強して確信した結論です。

実は1冊だけ違う出版社のものを買ってしまったのですが、時間とお金の無駄でした。

もう1度言います。テキストはTAC一択です。

 

簿記2級の独学での効率的な勉強方法

簿記2級の勉強方法は、過去問を何度も繰り返すことに尽きます。

参考書を最初にざっと斜め読みし、あとは過去問を何度も繰り返し、問題パターンを頭に叩き込んでください。

「過去問を制するものは試験を制す」です。

 

時系列で私の勉強過程を書いていきます。

 

1.簿記3級の勉強

勉強期間:5日間(2016年4月15日〜4月19日)

勉強時間:20時間

 

 

まず、簿記とは何かを理解するために簿記3級のテキストを読みました。

読むときのポイントは参考書にある問題をいちいち解かずに最後まで一気に読んでしまうことです。

もちろん理解できないところもあるし、後半になるほどその比率も大きくなりますが、気にせず一気に読んでください。

私の場合は1日で最後まで読みました。それを3日間繰り返し、そのあと巻末にある問題をさらっと解きました。

簿記3級の勉強は1週間ぐらいで終わらせてください。だらだらやっても効率が落ちていくだけです。

目標はあくまで簿記2級合格です。

もちろん問題が解けるレベルになっていなくても大丈夫です。

 

2.簿記2級商業簿記の勉強

勉強期間:5日間(2016年4月20日〜4月24日)

勉強時間:20時間

 

 

簿記2級の商業簿記も簿記3級と同じ方法で勉強しました。

4日間で2周読み、残り1日でもう1周読みました。

ただし簿記2級の本については巻末問題は解きませんでした。

  

3.簿記2級工業簿記の勉強

勉強期間:3日間(2016年4月25日〜4月27日)

勉強時間:10時間

 

 

簿記2級の工業簿記も商業簿記と同じ方法で勉強しました。

工業簿記は商業簿記よりも理解し易いです。

3日間で2周サッと読んで終わらせました。

 

ここまでで約2週間です。

私の場合は2ヶ月で合格するためスケジュールです。

4ヶ月で合格を目指す方は期間を2倍にしていただいても結構です。

ただし、期間を2倍にすると勉強時間は2倍以上必要になります。

人間は忘却する生き物なので、その分を含めるともう少し勉強時間が必要だと思います。(エビングハウスの忘却曲線

 

テキストを2週間で終わらせたのは、問題集に時間を多く使いたかったからです。

この時点で試験を受けてもおそらく10点も取れなかったと思います。

ここまでは問題を解く(問題集の答えを見て理解出来る)ための土台作りが目的なので、得点できなくても問題ないと考えていました。

もちろん後で、問題を解きながらテキストに戻って何度も読み直しました。

何度も言いますが、いかに早く問題集に取り掛かるかが合格への鍵です。

 

4.過去問題集の勉強

勉強期間:34日間(2016年4月28日〜5月31日)

勉強時間:110時間

 

 

私はこの問題集に出会えたおかげで合格できたと思っています。

それほどにこの問題集は素晴らしいものでした。では早速勉強方法を説明します。

 

まず問題集についている「勘定科目(2級商業簿記)一覧表」をコピーしてください。

(私の買った問題集('16年6月検定対策)ではP25にありました。)

問題を解くときは常に勘定科目がどの要素になるのか意識し、コピーした一覧表を隣に置いてチェックしましょう。

 

そして、どの問題から解いていくかですが、問題集の最初にあるTAC式出題別攻略テクニック編(問題集の緑色の部分)を解いてください。

過去問の出題範囲をまんべんなく網羅しており、ここにある問題をすべて解けるようになれば、合格最低限のレベルには達してると思います。

私の場合は、問題文を読むと考えなくても反射的に解き方が頭に浮かぶレベルまで反復しました。(何度も間違ったところは、繰り返しやりすぎて答えの数字を覚えてしまうぐらいやりました。)

そのあと直近過去5回分の問題を何度か解いて、近年の問題傾向を把握しました。

 

5.予想問題の勉強

勉強期間:11日間(2016年6月1日〜6月11日)

勉強時間:30時間

 

 

私は予想問題を解く時間があれば、過去問を解いた方が有益だと思っている人間ですが、簿記2級の商業簿記は2016年度(平成28年度)から試験範囲が大きく変わるということだったので、仕方なく予想問題を買いました。

試験範囲が変わってなければ過去問題集だけをやっていたと思います。

 

話が逸れましたが、解き方は問題集と同じで予想問題を何度も解くのみです。

 

簿記2級試験本番に向けての注意点 

1.計算機は普段から使い慣れたものを使う

計算機そのものは安いもので結構(私は100均で買ったものを使いました)ですが、普段から使用しているものを使いましょう。

いきなり本番で使うと、いつもと使い勝手が違うので、余計なところに集中力を使ってしまいます。

ちなみに簿記で使用することができる電卓には、色々制限があるので事前に調べておきましょう。

 

Canon 12桁電卓 HS-1220TUG SOB グリーン購入法適合 千万単位表示

  

2.試験の時に時間配分を意識する

私は本番で試験時間が足りずに、見直す時間がほとんどありませんでした。

問題集を解いていると気づきますが、見直すと必ずと言っていいほどケアレスミスをしています。

見直し時間を十分に取れるように、問題集を解くときは時間を意識しながら解くことをオススメします。

幸運なことに私の紹介した問題集には目標時間が設定されています。

 

3.得意分野を作るより苦手分野を作らない

試験問題は大問5問で各20点です。

合格点が70点だと考えると、大問1問ミスる(0点をとる)と、合格の道は果てしなく遠くなることが容易に想像できます。

全体のレベルを、まんべんなく上げることが合格への道だと思ってください。

 

他のサイト等を見ると、「工業簿記は簡単なので満点を狙おう」と書いていたりします。

私も相対的には工業簿記の方が簡単だと思いますが、過去問を解いていると工業簿記は時々変な(めちゃ難しい)問題に出会ったりします。

それを考えるとやはり苦手分野を作らず商業簿記もまんべんなく得点できるようにしておくのがベターだと思います。

 

簿記2級を独学で合格する方法まとめ

簿記2級は簡単な試験ではないですが、正しく勉強すれば必ず合格することができる試験です。

暗記した方がいいところも若干ありますが、基本的に理解すれば解ける問題ばかりなので、一度しっかりと理解すれば安定して得点ができるようになります。

 

私自身少し落とし穴にはまりましたが、理解できないところが出てくると、他の参考書を使いたくなります。

しかし、結局は同じ参考書、問題集を何度も繰り返す方が、結局は早く理解でき、それが合格への近道となると思います。

 

 最後に私が使った便利なアプリを紹介します。

 

 

勉強時間を記録できるのと、同じ目標を設定している友達を探すことができ、その友達の勉強時間を見たりすることができます。

私はこのアプリのおかげでモチベーションを維持することができました。

 

最後に、資格は持っているだけでは役に立たないと聞くことが最近多くなってきましたが、そんなことはないと思っています。

目標を設定し、現状とのギャップを把握し、目標に到達するまでの計画を立て実行する。

これができる人は何事もできる人だと思うし、到達した暁には、新たな知識も付いているし、対外的な評価も上がります。

私の経験が少しでもお役に立てれば幸いです。