LOVE 公僕

幸せになりたいなら公務員でしょ

モテない男が騙される、女性が言う「優しい(優しそう)」の矛盾

スポンサーリンク

f:id:y13:20160917191908j:plain

こんにちは、恋愛勉強家のりょうすけです。

女性と食事をして、「どんな男性が好き?」と質問するとだいたいの女性はこう答えるでしょう。

 

「優しい人」

 

この言葉を聞いて、優しい男になろうと思ったあなた、モテませんよ。

今回は、女性の言う優しいまたは優しそうという言葉に隠された矛盾について解き明かしたいと思います。

 

モテる男は「優しい」、しかしモテない男も「優しい」のである

合コンに行くと必ず聞く質問があります。

「どんな男の人がタイプ?」

女性はだいたいがこう答えるでしょう。「優しい人です」と。

冷静に考えてみれば、この答えが真実であるのなら、モテない男など存在しないとすぐわかるのではないでしょうか。

モテない男は、好きになった女性のことを第一に考えます。

デートプランを考え、食事のご馳走もすることでしょう。

優しい人がタイプであるならば、これで付き合わないなんでことはないはずです。

ですが、実際にはそうではありません。

貧富の格差のごとく、モテる男には女性が集まり続け、モテない男は女性日照りな毎日が続くのです。

 

女性の「優しい人が好き」は真実ではない

そもそも女性が、好きなの男のタイプを聞いて「優しい人」と答えるのは、差し障りがないからです。

質問に答えているようで、実際には誰にでも当てはまる答えなのです。

つまり「優しい人」と答えることで、男は「俺、当てはまってるなぁ^^」と思い女性に好感を持つことになるし、「見た目よりも内面を見るんだ」と思わせることができることで、さらに好感を持たせることができるのです。

つまり、誰も傷付かない答え、それが「優しい人」なのです。

 

女性は優しい男を好きになるのではなく、好きになった男が優しく見える

昔付き合った彼女のことを思い出してください。

付き合い始めは、彼女のことが好きなのでいいところばかり見えて、逆に、別れ間際になると相手の嫌な部分ばかり目についたという経験ないですか?

つまりはそういうことです。

女性も好きになった男のことは、その男のいい部分ばかりに目が行き、自然と優しいところを見つけてしまっているのです。

 

モテない男は優しい男

同じく合コンでよく聞く質問があります。

「オレたちってどんな風に見える?」

女性に聞いた時に、パッと見でわかるような特徴を持っている男は、

「カッコいい」「モテそう」「頭良さそう」

と言われます。

 ですが、見た目に特徴がなく、女性から見て魅力がない男が言われるセリフ、それは

 

「優しそう」

 

そうなのです。

女性は、その男性に対して優しそうだとは思っていないのです。自分のイメージアップのために言っているだけです。

 

つまり、女性に好きな男のタイプを聞いて「優しい人」と答えた人が、あなたに対して「優しそう」と言ったとしても、決してあなたのことが好きだということではないと心に強く止めておいてください。

 

とはいえ、優しさアピールはモテへの第一歩

ここまで読んで、優しさなんてなんの意味もないと思ったあなた、そんなことはありません。

先ほど、好きになった男性のことは優しく見えるとお伝えしました。

しかし、好きではない男性でも圧倒的な数の優しさをアピールすると、嫌でも優しさが目についてしまい、好きになることがあります。

 

ちなみにここでいう優しさとは、内面ではなく上っ面です。(笑)

すぐに気づいてもらえる優しさ、これが大事なのです。

日本の男性は苦手ですが、分かりやすい優しさは結構有効です。

 

優しさ例
  • 車道を歩く
  • 荷物を持つ
  • ドアを開けてあげる
  • 椅子を引く
  • 上座を進める
  • 髪切った?という
  • とりあえず服を褒める
  • 同調する
  • コートをかけてあげる など

 

自分でキザで恥ずかしいと思うことを率先して実行してください。

女性とうまくいく確率がほんの少し上がります。