読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE 公僕

幸せになりたいなら公務員でしょ

合コンで彼女を作るための1文字

スポンサーリンク

f:id:y13:20160915174525j:plain

こんにちは、合コンマスターのりょうすけです。

合コンで彼女をゲットしたいですか。

これからお話しする内容は、きっとあなたの役に立つことでしょう。

 

合コンでは似た者同士がくっつく

合コンで出会う女性のほとんどは初対面です。

つまり、合コンの数時間の間で、いかに相手と親しくなるかが次につなげるための1番大切なポイントになります。

 誰かと親しくなるには、「類似性」「相補性」の原理をうまく使うことが大切です。

 

「類似性」:似ていること

「相補性」:反対であること

 

一般的に、相手と早く打ち解けるには「類似性」、関係が深まって行くにつれて大切になるのが「相補性」だと言われています。

つまり、初対面の相手と親しくなれるかどうかは、どれだけ多くの「類似性」を見つけることができるかと言い換えることができます。

事実ある心理学の実験でも、「魅力度」と「類似度」は比例関係にあるという結果が出ています。

 

ここまで分かれば合コンでどのような話をするべきか、なんとなくわかってきたのではありませんか。

 

会話の基本は5W1Hである

「類似性」を見つけるには、相手に質問しなければなりません。

ではどのような質問をすれば良いのでしょうか

 

YES,NOで答えられない質問をする

相手から少しでも情報を聞きたいのであれば、YES,NOだけで答えられない質問をしましょう。

 

5W1Hを意識して質問しよう

「いつ(when)」「どこで(where)」「何を(what)」「誰が(when)」「なぜ(why)」「どのように(how)」

 女性でなくても、「自分と同じ趣味や故郷が同じだとわかったら、急に親近感が湧いた」なんて経験ありませんか。

自分との類似点、共通点を見つけるためにどんどん質問をしましょう。

 

とりあえず「ど」をつけてみよう

先ほど、「5W1Hを意識して質問しましょう」というお話をしました。

しかし、合コンの最中に、ただでさえ緊張しているのに、5W1Hのことまで意識するとなると、それだけで頭がいっぱいになって、会話を楽しめないですよね。

 

そこで、まずは「ど」をつけて質問することだけ意識してみましょう。

この出身ですか」「この大学ですか」「んな仕事をしているんですか」「んな趣味をお持ちですか」

 「ど」を意識するだけで、自然とYES,NOで答えられない質問ができます。

 

合コンで使える質問例

ここで具体的な質問を少し挙げてみます。

 

相手のことを知る質問

  1. この出身ですか。
  2. この大学ですか。
  3. んな仕事をしていますか。
  4. んな人に似てるって言われますか。
  5. んな人がタイプですか。

 

この質問で、出身や大学が同じであれば、それだけで話が盛り上がりますよね。

 

共通点を探していく質問

  1. 休みの日はんなことをしていますか。
  2. んな趣味を持っていますか。
  3. んな食べ物が好きですか。

 

同じ共通点が見つかれば、それをきっかけにして、「また会いましょう」と自然に言えますよね。

 

どうですか。「ど」を意識するだけで、結構質問できますよね。面白いことを言って相手を笑わせるのは、余程のセンスがない限り、合コン初心者にはハードルが高いです。

まずは、相手の共通点を探すことで、より多くの類似点を見つけて、自分へ親しみを持ってもらうように心がけましょう。

 

まとめ

合コン初心者は「ど」を使った質問をしてより多くの共通点、類似点を見つけましょう。

 次回の合コンは前よりきっとうまくいくはずです。