魅力的な男は「第1印象」と「ギャップ」を使いこなす

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

モテる方法

こんにちは、恋愛心理学准教授のりょうすけです。

第1印象がいい男ってモテますよね。いわゆるイケメンってやつです。

また、パッとしない男が、普段と違うカッコイイ一面を見せると女性はドキリとします。これがギャップです。

でもモテテクニックであるこの2つって両立しないと思いませんか。

片方は最初にピークが来るのに対して、もう片方は尻上がりに印象が良くなります。

今回は、この2つを両立させようと思い考案した、私のアイデアを紹介します。

 

第1印象はやっぱり大事

人はまず第1印象で相手がどんな人かを判断します。

最初に良い印象を持ってもらうことはとても有利です。

恋愛だけでなく、面接、商談、営業などでもそうですよね。

人は最初に持った印象が強く影響されます。これを「初頭効果」といいます。

最初に良いイメージを持ってもらえれば、多少の失敗しても相手が勝手に良い側に解釈してくれます。

第1印象を良くするため、身だしなみを整えるのは基本中の基本です。

 

ギャップは前後の変化量である

ギャップは人を惹きつけます。

いつも仕事ができて完璧だと思っていた人が、急に弱音を吐くと親近感を持ちますよね。

ギャップは総量ではなく変化量だとよく言われます。

テストの点が90点から95点になるより、40点から80点になった方が喜びが大きくないですか。

これを心理学では「ゲインロス効果」と呼ばれています。

とはいえ、ギャップを狙って、第1印象を悪くするのは本末転倒なのでやめておきましょう。

 

スリーセット理論をうまく使おう

私は、常々「第1印象」と「ギャップ」を両立させる方法がないかと考えていました。

そして、ある日、雑誌でスリーセット理論を読んだ時に今回紹介する方法を思いつきました。

スリーセット理論とは、人の印象は3回会う間に決まってしまうというものです。

初対面で相手の印象を決め、2回目でその印象を再判定し、3回目で再確認し固定すると言うものです。

つまり、第1印象で良いイメージを作って、2回目で1度落とし、3回目でギャップを作って印象を上げれば良いんじゃないかと。

しかし、毎回会うたびに自分のキャラクターを変えるのは、俳優でもない私には無理でした。

 

私が使っているお手軽スリーセット理論「優しさに強弱をつける」

私は、メールを使ってお手軽にスリーセット理論を利用しています。

まず、女性と出会った時に、優しいキャラクターになります。

 

▼優しさの効用についてはこの記事を読んでみてください

koboku.hatenablog.com

 

そして、連絡先を交換します。

後日メールのやりとりをする時に、素っ気ない文章にします。

ここで勘違いしないでほしいのは、冷たいメールを送る必要はないということです。

冷たい印象を持たれてしまいますと、次に繋がりません。

 

メールの送り方としては顔文字やスタンプをつけずに、句読点で文章を構成するだけです。

例えば「ありがとう ^^」と「ありがとう。

全然印象が違うと思います。

ここで、相手の女性は、素っ気ない人なんだという印象を受けます。

ただ、第1印象の担保がある分、また会おうと思ってはくれます。

そして次にあった時に最大限の優しさアピールをすることで、ギャップが生まれ、やっぱり優しいと思ってもらえるのです。

 

1回目 出会い 優しさ up

2回目 メール 優しさ down

3回目 デート 優しさ up

 

この方法、お手軽な割に結構有効です。

 

自分のキャラクターを演技で複数作るのは難しいです。ここは文明の利器を使ってみてはいかがでしょうか。